スタートトゥデイ研究所が「似合う」についての論文を発表し、一流研究者が集う国際会議で採択されました!

こんにちは、広報の坂井です。

昨日7月10日(月)、スタートトゥデイ研究所の論文がKDD 2018 Workshopに採択され、発表することが決まりました!
日本のファッション領域を研究している企業で唯一採択され、研究所立ち上げ後アカデミックな活動の公開は初めてです。

KDDとは

KDDは、「International Conference on Knowledge Discovery and Data Mining」の略です。データマイニングにおける研究発表がされる国際的な学会で、毎年多くの研究者が集まります。今年は8月19日〜23日に、ロンドンで開催されます。

研究内容について

スタートトゥデイ研究所では、主に「服作り」「似合う」「サイズ」という3つの研究を進めています。

今回、「Outfit Generation and Style Extraction via Bidirectional LSTM and Autoencoder」(スタイルの抽出とコーディネートの生成)について論文を公開しました。これは「似合う」の研究にあたります。

この論文では、ファッションのスタイルを、混合して表現する事を提案しています。これは、例えば「この人の格好は、フォーマルが30%でカジュアルが70%」というように表現する方法です。この方法と、弊社が運営するサービスIQONのコーディネートデータを使って、どのようなスタイルが存在するのか、それぞれどのような配合なのかを抽出してみました。

さらに、コーディネート生成アルゴリズムと組み合わせて、希望のスタイルに応じたコーディネートが自動で生成される仕組みを実装しました。

論文は、こちらからご覧いただけます。

KDD2018に行って発表してきます!

KDD 2018には、スタートトゥデイ研究所のメンバーが参加し、ワークショップ『AI for fashion』にて登壇します。 
また参加後にレポートをアップする予定ですので、お楽しみに!

f:id:starttoday_tech:20180711131124j:plain
論文を執筆したリサーチャーの中村(左)と後藤(右)

採用情報

スタートトゥデイ研究所では、「ファッションを数値化する」というミッションのもと、研究を進めています。興味のある方はぜひこちらからご応募ください。お待ちしております!

【お問い合わせ】
スタートトゥデイテクノロジーズ広報